連帯保証人の代行サービス|新築アパートの投資をして生活を豊かにしよう
レディー

新築アパートの投資をして生活を豊かにしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

連帯保証人の代行サービス

握手

利用するメリットは

家賃債務保証を行う会社は年々増加傾向にあります。高齢化や核家族化などが進み、親族に連帯保証人を頼める方がいない場合や、事情があって親族には引っ越し先を知らせたくない場合など様々な事情を抱えている方も多いと思います。賃貸住宅の契約の際に連帯保証人を依頼することが難しい時代になっていると言えます。そのため、賃貸経営をしていくならこういった制度にも注目すべきなのです。この社会背景により家賃債務保証の需要は増えています。家賃債務保証は連帯保証人を立てなくても賃貸契約ができる仕組みです。賃借人に何らか事情が起きて、賃料の支払いが滞ることがあった場合に賃貸人に対し、支払うべき家賃を払います。賃貸物件情報にて連帯保証人不要として入居者を募集している物件のほとんどは家賃債務保証を利用することを前提としています。

実は知られていない

家賃債務保証は比較的新しいサービスであるため、認知度はあまり高くないようです。住宅の賃貸契約をする際には連帯保証人がいないと契約ができないと考えている人の方が多いのが現状のようです。家賃債務保証制度を利用すると大家人は家賃未納のリスクを回避することができ、賃借人は連帯保証人を立てなくても賃貸契約ができるので便利なサービスです。家賃債務保証の導入には別途業者の検討も必要となります。賃貸契約の際にかかる保証料は保証会社によって異なりますが、平均的に見ると家賃の1ヶ月分くらいが妥当なようです。安いところでは家賃の半月分、また1万円から3万円など家賃に応じた固定額が設定されている会社もあります。保証料にはばらつきがあります。店子を募集する際にもメリットとなる制度となるので、コンサルタントと相談しながら導入を検討しましょう。