フランチャイズでノウハウGET【介護施設を始めてみましょう】

介護

いつまでも食を楽しみたい

食事

高齢化が進む日本では様々な方面から新たなアプローチがなされています。食事もその例外ではなく、近年高い注目を集めているのが「やわらか食」とよばれるものです。やわらか食は見た目が美しい、飲み込みやすい、栄養を摂取しやすいなどの特徴があり、心にも身体にも優しい食事ということができます。

介護事業に役立つソフト

お年寄り

介護事業において請求業務を確実に行うのは、非常に重要だと言われています。それに役立つのは国保中央会介護伝送ソフトです。将来的には国保中央会介護伝送ソフトを導入する介護事業所は、100パーセントに達すると予測されています。

手軽に開業する新ビジネス

お年寄り

需要が高まる一方の分野

超高齢社会の到来を迎え、わが国では介護事業に対する需要が急激に増加しています。これをビジネスチャンスととらえ、新規に参入を目指している企業等も毎年かなりの数にのぼります。介護関連ビジネスの中でも参入へのハードルが比較的低いのが、デイサービスセンターや訪問介護ステーションなどの施設です。老人ホームなどの入所型の施設に比べると設置基準等がそれほど厳しくなく、短期間で開業にこぎつけることが可能です。その際、さらにスムーズな開業を実現しやすくするのが、フランチャイズへの加盟です。フランチャイズ方式はコンビニエンスストアやドラッグストアなどの小売りチェーンでおなじみの事業形態ですが、介護分野においても盛んに展開されています。

豊富なノウハウを利用

高齢者の介護はいわば究極の対人サービス業とでも言うことのできる業種であり、日常生活のさまざまな場面においてきめ細かなサービスを必要とします。質の高いサービスを実現するには、人材の育成に相当の手間をかける必要があります。その点、フランチャイズ方式であれば統一マニュアルによる人材開発プログラムを利用したり、本部で一括して行う研修に従業員を参加させたりすることができます。経験に乏しい経営者であっても、短期間で質の高いサービス水準を確保することができるようになります。新規参入者の増加により、今後はこの分野でも事業者間の競争が激しくなることが予測されます。そんな場合でも、本部の持つ豊富な経営ノウハウを利用できるフランチャイズであれば、ビジネス成功の確率はぐっと高まります。

暮らしやすくする改築

trouble

バリアフリーリフォームとは、いままで暮らしてきた家屋に、バリアフリーを採用することです。段差などを除外したり、手すりを設定したりして、いろいろな肉体的な状況の人が、住みやすくするために行うといえます。